確定申告用の関連商品

確定申告のための必要な関連商品を探してみました。
色々と関連したものがありました。

★詳細はこちらです。★


確定申告書の作成と提出

 確定申告書の作成方法はで、主なものは以下の通りです。
1、自宅のパソコンで作成:国税庁のウェブサイトにある「確定申告書の作 成コーナー」で情報の入力して、プリンタで印刷する。

2、税務署や最寄の還付申告センターに設置しているタッチパネル(自動申 告書作成機)で作成:税務署の所在地および還付申告センターの設置場所 などを確認しておくことが必要である。
3、税務署や還付申告センターで、確定申告書の用紙をもらい(納付があ  る場合は税務署から郵送されてくる)、手で書き込む。

 作成した確定申告書は、管轄の税務署に送付するか、持参する。

 地元の商工会議所が税務相談を兼ねて、申告できるようになっているので。商工会議所の利用をお勧めします。申告期限、納付期限はしっかりとまもりましょう。

所得税の申告

所得税は、1月1日から12月31日までの全収入を元に計算する。
1.収入金額(支払金額)-必要経費=所得金額(給与所得控除後の金額)
2、所得金額-所得控除(所得控除の合計)=課税所得金額
3、課税所得金額×税率=所得税額
4、所得税額-税額控除(定率減税など)=申告納税額
 以上の順番で計算する。
 給与所得者は、年末調整終了時(通常12月支給の給与)に「給与所得の源泉徴収票」をもらうので、これから自分で計算することができる。

申告納税額と源泉徴収税額(給与所得の源泉徴収票に記載+配当所得に対する源泉徴収など)をもとに、実際の納税額・還付額が確定する。

1、申告納税額>源泉徴収税額の得、差の納税額を3月15日期限で納付書 を添付して金融機関などで納税しなければならない。
2、申告納税額<源泉徴収税額の時、差の還付額が後日、確定申告書で指定 した金融機関に振り込まれるか、郵便局で受け取る。

確定申告の必要がある事例

 計算により、申告納付税額が納付となる場合、基本的に確定申告が必要になる。
1、給与所得がある場合
   給与から所得税が源泉徴収されるサラリーマンは勤務先で年末調整に  よって最終的な税額が計算されるため。一般的には確定申告の必要がな  いが、確定申告の必要がある場合があるので、よくチェックをして下さ  い
2.公的年金(雑所得)のみの場合
   計算により申告納税額が納付となる場合

3、退職所得がある場合
   日本国内の事業者からの退職金は原則として源泉分離課税となるた   め、基本的に確定申告は不要である。ただし、所得控除などの他の計算  上は退職所得金額が条件になっているものがあるため、確定申告が必要  となる。   

確定申告の更正請求、修正申告

 確定申告をした後に、申告内容に誤りや変動などがわかった場合で、納めるべき税金が過大となる場合には更正の請求、過小となる場合は修正申告を行う。

 更正の請求は、納付すべき税金が確定申告に対する場合には当該年度申告期限から、還付すべき税金がある確定申告(還付申告)に対する場合は還付申告をした日と当該年度申告期限のいずれか遅い日から、それぞれ一年間となっている。

 修正申告には税に関する時候の成立まで、期限はない。税務署による税務調査を受けたあとで修正申告をしたり、税務署から税額の更正(増)を受けた場合は、過小申告加算税が加算されることがある。
 
 納付期限後の追納付には延滞税が加算されることがある。

確定申告とは

 確定申告とは、税金に関する申告のことを言い、個人が申告する(消費税は除く)のは以下の通りです。

 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入。医療費や家屋の新築・増改築・売買。盗難や火災、寄付、株式の配当などの収支を計算し、所得を確定して税務署へ申告し、所得税額を確定することです。

●個人の所得税確定申告
 自営業を営む個人(個人事業主)や年金生活者などは、収入や費用を自分で申告しなければならない。
 申告期間は、毎年2月16日から3月15日までの1か月間である。
期限が土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げていく。

 ただし、源泉徴収額が所得税額より多く、還付を受ける場合は、2月15日以前でも申告書を提出することができる。尚、還付申告は課税対象期間の翌年から5年後までの申告が可能である。

 確定申告により納付すべき税金がある場合には、期限後の申告となり、無申告加算税が加算され、納付期限後の納付には延滞税が加算されることがある。