確定申告とは

 確定申告とは、税金に関する申告のことを言い、個人が申告する(消費税は除く)のは以下の通りです。

 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入。医療費や家屋の新築・増改築・売買。盗難や火災、寄付、株式の配当などの収支を計算し、所得を確定して税務署へ申告し、所得税額を確定することです。

●個人の所得税確定申告
 自営業を営む個人(個人事業主)や年金生活者などは、収入や費用を自分で申告しなければならない。
 申告期間は、毎年2月16日から3月15日までの1か月間である。
期限が土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げていく。

 ただし、源泉徴収額が所得税額より多く、還付を受ける場合は、2月15日以前でも申告書を提出することができる。尚、還付申告は課税対象期間の翌年から5年後までの申告が可能である。

 確定申告により納付すべき税金がある場合には、期限後の申告となり、無申告加算税が加算され、納付期限後の納付には延滞税が加算されることがある。