確定申告の更正請求、修正申告

 確定申告をした後に、申告内容に誤りや変動などがわかった場合で、納めるべき税金が過大となる場合には更正の請求、過小となる場合は修正申告を行う。

 更正の請求は、納付すべき税金が確定申告に対する場合には当該年度申告期限から、還付すべき税金がある確定申告(還付申告)に対する場合は還付申告をした日と当該年度申告期限のいずれか遅い日から、それぞれ一年間となっている。

 修正申告には税に関する時候の成立まで、期限はない。税務署による税務調査を受けたあとで修正申告をしたり、税務署から税額の更正(増)を受けた場合は、過小申告加算税が加算されることがある。
 
 納付期限後の追納付には延滞税が加算されることがある。